これからのビジネスで非常に大切なこと、それは、

お客様にとって、その分野の「オンリーワン」になれるか

これが今後のビジネスで稼ぐために、本当に重要なポイントです。
ネットビジネスでも全く同様です。

 

その分野のオンリーワンとは

 

なぜ、その分野のオンリーワンなのでしょうか。その理由を考えてみます。

お客様がお金を使う必要がある時、

例えば、おなかが空いて夕食をどうしようかと悩むときです。


お客様は、

ラーメンにしようか、カレーにしようか、家で弁当にしようか…

と悩みます。


その次に、ラーメンなら○○(店名A)、カレーなら□□(店名B)、弁当なら△△(店名C)

が頭に浮かびます。


そのお客様にとって、

カレーを食べるより、ラーメンの○○(店名A)を食べたいな

という風に思いだしてもらう必要があるんです。



分野や業界を超えて、お客様に「思い出してもらう」必要があるってことです。

ラーメンの○○を食べたいなって「気がついて」もらう必要があるってことです。

8544080966_f10025ef55

Copyright All rights reserved by Gemma Geluz

 

 

どこと戦うのか

 

一般的な考え方では、

ラーメン業界で売上をあげるためには、ラーメンランキングで上位にのる

このような業界内での戦いが重視されていましたよね。


あなたも、テレビ番組やラーメン雑誌のライキングを見て、行きたい店を決めていると思います。


もちろん、ランキングに載れば良いのは当然です。人気店になり行列ができて、売上がアップします。



しかし、

業界内は競争が激化しています。

次から次と新たなお店ができて、話題を集め、ランキングを狙ってきます。



つまり、常にずっとランキング上位にいるのは大変です。

新規顧客にずっと選ばれ続けるのは困難なのです。



では、どうすれば収益を確保できるのか。


これは多くの業界の実績データから明白な事実なんですが、

新規顧客での売上より、固定客の売上が極めて重要になるんです。



「リピーター」をつかんでしまえば収益が安定する

ということですね。



極端な話を言えば、リピーターがいればランキングに載らなくても問題ありません。


もっと言ってしまうと、

ランキングで一位だがリピーターがいないお店より

ランキング圏外だがリピーターがたくさんいるお店の方がもうかるんです。



つまり、戦うのは業界内のランキングではありません。


戦うのは、

「どうすればリピーターになってくれるのか」


ここが極めて大切なポイントです。


もう具体的に言うと、

「お客様に対して、また次も来店してくれるための努力をする」

ということです。


戦いの場所は、「お客様の中」、お客様の「頭の中」です。


お客様に「また来たい」と思ってもらえるかどうか、これがポイントなんです。

 

6179876348_180d3e58ae

 LicenseAttributionNo Derivative Works Some rights reserved by David Salafia

 

 

リピーターになるため条件とは

 

最低限、思い出してもらう必要があります。

当然ですよね。思い出さなければ、お店が無いのと同じことです。


つまり、お客様の頭の中に、お店をすりこむ必要があります。

すり込むことで、思い出してもらいやすくするんです。



すり込むとは、

・瞬間的、強烈なインパクトを与えて覚えてもらう

・繰り返すことで、頭の中に定着化を図る

この2点です。

これによって、お客様の頭の中で思い出してもらえるようになります。



え?ラーメンなら味じゃないの?


と思われる方も多いと思います。

もちろん味も大切です。でも、


味よりも、インパクトが大切なんですよ



だって、美味しいお店なんてどこにでもありますよね。


ラーメンなんて、ランキング上位の店はたくさんあるじゃないですか。


でも、あなたはそんな店にばかり行かないですよね。


ちょっと電車にのれば美味しいお店に行けるのに


そのお店で食べてますよね?


そういうことです。


つまり、それほど美味しくなくても良くて、なんらかの理由で思い出してもらって、選んでもらえれば良いってことです。


良い1つの例が、超超超大盛りのお店です。


すげぇぇぇーーーーー大盛りだと、すぐ思い出しますよね。


ラーメンでも、もやしや野菜が塔のように積まれた特盛りです。


そんな店って、味は関係ないじゃないですか。

でも、男性はそんな店に行くわけです。ここがポイントなんですね。



腹が減った → 腹を満たしたい → たくさん食べたい → 大盛りのお店


このような思考回路を選んでもらえれば良いだけです。


インパクトがあるくらい大盛りなら、リピーターの胃袋ゲットですね。


もちろん、大盛りがそんなに好きでない人もいます。

大盛りの例を出しましたが、ターゲットとなるお客様の選び方次第で、色々なインパクトの与え方があります。

 

7951086852_7866876ef2 (2) 

Copyright All rights reserved by Bart Huizinga

 

 

ネットビジネスでのリピーターの考え方

 

ネットビジネスでも、今までご説明したリアルのビジネスと考え方は同じです。

そのお客様にとってインパクトがあれば勝ったようなものです。


例えば、ラーメン大盛りの例で対比させると(笑)、


○○さんはプレゼントや特典を山ほどくれるから○○さんから買おう

このように思ってもらえれば良いです。


もちろん、特典そんなにいらないよ!というお客様には

○○さんはすごく質のいい特典をくれるから○○さんから買おう

このように思ってもらえれば良いですね。


その他、マインドシェアという考え方がありますが、長文になってしまったので今日はこの辺で終わりにします。

 

本日のまとめ

「強烈なインパクトでリピーターの心をつかみましょう!」


それでは、また!

 


スポンサーリンク