商品の価値ってお店の違いで変わるんですね。

屋根の無い露天のお店で支払う1,000円
ブランド直営店で支払う1,000円

この違いってどう思われますか?

ブランド直営店の1,000円は、すごくお買い得な気持ちになりますよね。

同じ額でもこんなに印象が違うんです。

 

フリーマーケットと高級店のお買い物


フリマのような露天のお店、

 作業着姿の汚いおっちゃんが、煙草を吸いながら販売しています。

 そこで、高価なものが目に入りました。

 ブランド品グッチのキーケース1,000円がビニール袋に入っていました。

 価格的には超超超、激安でしょう。買いますか?

dirtyshopAll rights reserved by Linda DV (slowly catching up, lots to do)

 

私は全然、買いたくありません

お祭りの屋台では、たこ焼き数百円を買うことはありますが、

露天で1,000円って結構高いですよね。

ニセモノと疑ってしまうことも多々あります。




逆に、銀座の高級ブランド街にあるグッチ直営店だったらどうでしょう。

ショーケースがキラキラ輝いている店内で、

さわやかなスーツ姿の女性が案内してくれました。

グッチのキーケース1,000円でした。

買いますか?

3009840671_2d926c3f8aAll rights reserved by tokyofashion

 

そうですね。

同じ商品が、同じ1,000円でも、全然印象が違いますよね。

こちらなら親友へのプレゼントのために、迷いなく買えると思います。

少なくとも、ニセモノと疑うことはあり得ません。



実はこの状況は、

ネットビジネスでも同じです

 

ネットビジネスでの商品価値

 

ネットビジネスで数百円のモノを売るなら別ですが、

通常なら、数千円〜数万円、それ以上の商品を売ることが多いです。


数千円、数万円という価格です。

それなりの価格ですよね。


適当なお店では 買ってもらえないですね。

適当なお店では うたがわれますよね。



ネットビジネスは気軽に始められるのがメリットですが、

ビジネスとして考えた場合は、この価値のとらえ方は知っているべきです。

 

 

アメブロでの選択肢

 

具体的な例を考えてみます。

もし、あなたがアメブロで商品を紹介(販売)します。

アフィリエイトのように他人の商品を紹介するのでも構いません。



お店、店構えはどうしますか?


アメブロならお手軽に設置できるデフォルトのテンプレートがたくさんあります。

デフォルトテンプレートにしますか?


それとも、

多少手がかかる、独自のカスタマイズが入った、独自ヘッダー画像付きのページにしますか?



答えは分かりますよね。



要するに、

誰でもできるお手軽なテンプレート、

つまり、フリマ同様のお店、屋根が無い「露天」のようなお店で、

高価なものが売れますか?ってことです。



売れませんし、逆にうたがわれます。




だから、

ネットビジネスだって、

商品を販売するお店の見栄えは、販売する商品に見合うものにすべきです。

簡単に設置できるとか、無料だからとか、お客さんにとっては無関係です。

bird

 

本日の結論

 

お客さんにとっては、

代金に見合うよう、またはそれ以上のお店の雰囲気になっている必要があります。


それなりの価格のものを売るなら、それなりの見栄えが必要



有料にすべきということではありませんよ。

ネットで調べれば、無料でも独自の店構えは十分に準備できます。



私もまだまだ、できていない部分が多いですが、

この観点で自分のブログやサイトを再確認し、訪問してくれたお客さんに

気持ちよく購入してもらうように努力したいと思っています。




今日はこの辺で。

では、また!


スポンサーリンク