9月2日トルコの砂浜に、
シリアから逃げてきた難民と思われる
12人の遺体が漂着しました。


その中で移民男児の遺体の写真が
Twitter(ツイッター)などの
SNSで公開、拡散され、


閲覧する世界中の人たちに
とても大きな衝撃を与えています。


この記事の一番下に
その衝撃の移民男児画像があります。

未成年の方は特に閲覧に十分注意してください。




スポンサーリンク






トルコ海外での遺体漂着の状況


トルコ沖で移民を乗せた船が転覆し
移民男児が海岸に流れついています。


移民男児は1歳位で
海岸の波うち際にうつ伏せに
横たわった状態です。


横たわっているというよりも、

まだ1歳ほどの移民男児が
うまく歩けず顔から転んでしまったような


その場でうずくまってしまった
その静止画の瞬間のような移民男児の写真画像です。


一見、赤いシャツ、青いズボン、
子供用靴を身にまとい、

ずぶぬれになりながらも、
浜辺で寝ているようにも見えるのですが、


良くみると顔を砂へ潜らせる
ように横たわっているんです。


この移民男児の写真画像が
Twitter(ツイッター)で次々と
リツイートRTされてどんどん拡散されています。


そして、世界中で涙を誘っているようです。



なぜ難民男児がトルコの海岸に漂着したのか


この移民男児を乗せた船ですが、
シリアを2隻の移民船で出発し、

9月2日朝、
ギリシャのコス島へ向かう途中
だったようです。


トルコ海域で何かが発生し沈没。


乗船者の数人がトルコの
レスキュー隊により救助され


しかし、不運にも救助が
間に合わなかった移民たちが、
このトルコの砂浜に流れてきたようです。



現在の移民問題・難民問題の状況


現在は、中東やアフリカから
どんどん移民や難民が押し寄せていて

ヨーロッパなど周辺国で受入が問題に
なっているようです。


この写真が世界をつなげることで
移民問題、難民問題が少しでも解決へ
向かって欲しい

そんな声が各地から出ているようです。


国際移住機関(IOM)によれば

地中海でなくなった人は
今年2600人にも達しているようです。


溺死、圧死、船のエンジン排煙で
窒息死などなど

犠牲者がどんどん出てきているとのこと。

移民男児もその一人です。


その中で、
地中海を乗り越えてきた移民や難民は
今年35万人です。

この35万人もの移民や難民を
どのように受け入れるのか

人数が多いだけに、対応には
とても難しい問題になると思います。




閲覧に注意!漂着した移民男児遺体の写真画像はこちら


トルコ砂浜に漂着し、
世界が泣いている衝撃画像


移民男児遺体の写真画像は

こちらです。






img_3f999a138ca47907f1d1ba444f774bc6227508 (移民男児遺体の写真画像)


img_0bdaa85b3cf01301f4474939f1f43f67204650 (移民男児遺体を警官が抱き上げた写真画像)




国連グテレス難民高等弁務官は
この移民男児の写真画像をみて、

「とてつもない挫折感を感じる」
「この状況に対する一貫した対応が必要だ。欧州が一丸とならない限り、そうした対応はできない」

と語っているようです。


一方、EU(欧州連合)の
モゲリーニ外交安全保障上級代表も

EU外相会談でこの問題について協議すると表明しているとのことです。


本当にかわいそうな移民男児ですね。

一人ぼっちでさみしく流れ着いた姿
移民男児の姿を長く見ていられません。


まだまだ将来があったはずなのに、
たまたま生まれた国がそんな状況
だっただけで

この男の子は移民・難民となって
このような事故によってなくなってしまう。

本当にやるせないです。


このような悲しいことが続かないように
我々も何かをしていかなければならないと思います。


この移民男児のご冥福を心よりお祈りいたします。