大型の台風11号2015が

かなり強い勢いで西日本に迫ってきており

進路や最新の状況が気になるところですが、





各報道での最新情報によれば、



明日16日には関東でも土砂降りの予想で、

通勤時など豪雨になる恐れがあり



16日から17日にかけて注意が必要です。



th001 出展:Yahoo天気・災害





スポンサーリンク


明日16日夜の進路は四国へ接近、あさって17日に西日本を北上



台風11号2015ですが、

非常に強い勢力に発達して北上を続けています。



最新の位置、進路、雨量、風速などについて

詳しくお伝えします。





現在はちょうど四国の真南に位置しており

予報図で分かるように

極めて強い勢いを保ったまま北上へ進路を変えて

迫ってきています。





明日16日にはそのまま四国へ接近、

17日にかけて西日本を横断する見込みです。





今回の台風は雨量も多く、風速もかなり強いため

出かける際は最新情報を確認しておきましょう。







明日16日の朝は関東も土砂降りの雨か



最新の天気図を見ると明らかですが、

台風11号2015 の中心から右側に大きな雨雲が横に伸びています。



large[1] 出展:Yahoo天気・災害



台風11号2015 の中心はそのまま北へ進路をとり

ちょうど四国を通過する見込みですが、



この横に伸びた活発な雨雲もそのまま連なって北上しています。



つまり、この雨雲によって

関東にもかなりの雨が降ると考えられています。





この雨雲が関東付近を通過するのが、

ちょうど明日16日の朝から17日となる見込みで、





台風11号2015 が運んできた非常に湿った空気で

この活発な雨雲を発生させています。





進路上にある関東の山沿いを中心に、

発達した雨雲が通貨する明日16日の朝の通勤時間帯、

または明後日17日には





関東の場所によっては

土砂降りの雨が降る見込みということです。







台風11号2015の雨量は80ミリ以上



コンピュータの雨雲予想によれば、

明日16日木曜日の夜には



台風11号2015 の雨雲が四国に到達し、

1時間に80ミリ以上の猛烈な雨になると予想されています。



気象庁では注意を呼びかけています。





気象庁の大雨の最新情報では、



台風11号2015が進路を取る

近畿南部や四国に対しては、



明日16日の朝以降は一段と雨脚が強まり、

明後日17日 金曜日午前6時まで、



この16日から17日までの48時間の雨量が、



近畿南部で450ミリ~650ミリ

四国太平洋側で440ミリ~640ミリ



という最新の予測がされています。







台風11号2015の雨はどんな感じなのか?



気象庁から発表された雨量の予測で

450ミリ、650ミリと言われてもピンと来ないと思いますが、





仮に500ミリとした場合に、

一日中ずっと同じ降りなら、



500ミリ÷24時間=1時間あたり20.83ミリです。





一般的には

「どしゃ降り」といいますし、



車に乗っていれば

「ワイパーを速くしても見づらい」状態です。





しかし、雨の降り方に偏りや強弱があった場合は、



「バケツをひっくり返したような」

「滝のように」

「車のブレーキが効きにくくなる」



こんなひどい状態となる危険もあります。





相当の雨量ですので外出の際は

最新の台風情報チェックし





台風11号2015の進路上にある地域の方は

十分に気をつけた方が良さそうです。







あさって17日以降も雨が続き、総雨量は更に多くなる



16日につづき、あさって17日でも

局地的に1000ミリ近くに達する恐れもありそうです。



特に雨量が多くなる見込みがあるのは



紀伊半島、高知県、徳島県など



土砂災害や河川のはんらんなどに

厳重な警戒(あるいは最大級の警戒)が必要です。





これらの地域にお住まいの方は

今後も最新情報にご注意下さい。







台風11号は最大風速も強い、17日には50mと危険



17日に四国付近を通過すべく進路を北上している

台風11号2015ですが、





th002 出展:Yahoo天気・災害



最新の予想図で分かるように、17日時点の勢力は

「945hPa 最大瞬間風速50m」

と想定されています。





日本風工学会によると、瞬間風速50m/sを超えると、



「電柱や街灯が倒れる」

「走行中のトラックが横転する」

「電話ボックスや自動販売機が倒れる」



という可能性があるということです。





かなり大型の危険な台風11号2015 となっていますので

これからも最新情報をウォッチしておきましょう。







台風11号2015 に十分に備えるために



一般的に台風が来て注意しろと言われても

何をすれば分かりにくいですが、



次のようなポイントで準備をすると良いといわれています。

(参考:日本気象協会)





最新情報には気をつけて

台風11号2015の進路に注意していきましょう。





台風11号2015が接近する前に



台風11号2015は明日16日に

四国へ向かって進路を取っていますので、



まだ少しだけ猶予があります。





次の5点については

最低限チェックしておくことが望ましいです。



・最新の台風情報を確認する

・家の周りの再点検する

・窓や雨戸を補強する

・床上の浸水対策をする

・ライフライン断絶に備える





台風11号2015の進路が接近してから



台風11号2015はかなり大型な台風ですので、

場所によっては被害がでる可能性があります。





よって、一人ひとりが

「自分たちの身は自分たちで守る」という意識を持ち



仮に避難勧告が出ていなくても、

安全な場所へ早めに避難するように心がけましょう。





台風11号2015を甘くみずに、

次の4点は確実に守るようにしましょう。



・用水路の見回りは絶対にやめましょう

・海岸の見回りは絶対にやめましょう

・屋外での作業は絶対にやめましょう

・外出は控える





台風11号2015の進路上で外出していたら



台風11号2015が向かって来ているとしても、



どうしても外出しなければならないときもあると思います。





特に地下は、台風の強さが良く分かりにくく危険です。



台風11号2015は相当量の雨量がある見込みで、

地上が冠水すると地下へ一気に水が流れ込むかもしれません。





つまり、地上に避難できなくなるかもしれません。

地下道や地下街を利用する方は、早めの避難を心がけてください。





そして最新情報を確認し、

次の2点については気をつけておきましょう。



・危険な土地では早めに避難する

・避難勧告に従う





台風11号2015に対して都会で備える



台風11号2015は当然都会へも進路をとり影響を与えます。



万一の場合に、遠くの避難場所へ避難するより、

隣近所の二階以上の頑丈な建物に避難する方が

安全な場合もあります。





避難場所は、周囲の状況などもみて

総合的に判断し行動しましょう。



そして、最新情報を確認し、次の2点を確認しておきましょう。



・避難の前には火の元の確認をする

・避難するときは軽装で







台風11号2015 進路の最新状況まとめ



今回の台風11号2015は大型ですし、

かなり強い勢いで西日本に迫ってきています。



関東でも16日朝に豪雨になる見込みがあります。





明日16日から17日にかけて、

進路や最新の状況に十分に気をつけて



台風11号2015の防災に努めていきたいですね。





台風11号2015の今後の最新進路予想に注意していきましょう。





 

スポンサーリンク