村松亮くんがいじめで自殺


岩手県矢巾町 矢巾北中学校2年生の村松亮くんが

7月5日夜7時50分、
東北本線矢幅駅から列車に飛び込み自殺をしましたが、

実は、村松亮くんはいじめを苦にして
自殺していたことが明らかになりました。


この自殺の裏には
学校側のひどい事実があったことが分かり、

2ch(2ちゃんねる)などを始めとして
ネットが騒然となりました。


これらについて
順を追って解説していきます。



村松亮くんは、なぜいじめられていたのか


村松亮くんは4月のクラス替えの後からいじめに会っていたようです。

新しいクラスになじめなかったことはあるとは思いますが、

日本ではいじめが無い学校が多くなっている中で、
やはり、矢巾北中学にはいじめの風土があったことは否めません。


このような風土の中で、
村松亮くんは友達や両親に相談できず、

めちゃくちゃ辛い思いをしたために、
自殺という選択をしてしまったのだと思います。


誰も気が付いてあげられなかった。
いや、恐らく気が付いていたのに、
助けてあげられなかったのです。


誰かが助けていたら、
少しでも声をかけていたら

このような悲惨な結果にはならなかったかもしれません。
本当に残念でなりません。




スポンサーリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7396633769132968"
data-ad-slot="4725238739">





村松亮くんの父親が激怒!


岩手矢巾中学では「生活記録ノート」を毎日提出しているようですが、
村松亮くんの父親がこれを入手し、激怒しています。

村松亮くんの父親が自殺原因がいじめだと知ったのが
この生活記録ノートだということです。

この生活記録ノートには、
村松亮くん自身が、
自分がいじめされていることをしっかりと記録していて、

「市(死)に場所は決まっている」

と自殺の示唆もしていました。

それに対し、担任の女性はさらりと受け流すように

「明日から研修、楽しみましょうね」

というような軽い返信を書いていたとのこと。


これら一連のやり取りに村松亮くんの父親が

「ここまで書いていたのなら、なぜ連絡してくれなかったのか」

と怒って、学校へ抗議しています。
親として当然の行動だと思います。


このやり取りが公表された直後ですが、
2chが炎上しました。

担任の名前や写真・画像を求める声で騒然となりました。

確かに、これらのやり取りをみると

まだ中学2年生だった村松亮くんの
必死の声、助けを求める声があるにも関わらず、

担任や学校側の対応が
適切だったのか、正しかったのか?
これらが問題にあがるのも当然でしょう。



村松亮くんが提出した生活記録ノートについて


村松亮くんの生活記録ノートは
父親を通じて各メディアで公表されました。

その内容をみると、
村松亮くんが明らかにいじめられて
いたことが分かります。

例えば、次のように、
村松亮くんと担任との間でやり取りされていました。

村松亮くん「物がなくなります。◯◯君が知らないと言ってますが、他に知りません」
担任 「よく探してみてくださいね。落し物のところもみてください」

村松亮くん「悪口を言われて肩を叩かれます。やめてと言ってますがやめてくれません」
担任 「そうですか。気持ちの行き違いがありますね」

村松亮くん「太ももを罰ゲームといって蹴られます。カバンを屋上からばらまかれました」
担任 「あまりはしゃがないでちゃんと勉強しないとダメですよ!」

村松亮くん「氏(死)んでいいですか(たぶんさいきんおきるかな)」
担任 「村松亮君の笑顔は私の元気の源です。明日からの校外学習、がんばりましょう!」


その他のやり取りも沢山あり
こんな感じでした。

村松亮くん「なぐられたり、けられたり、首しめられたり・・・」
担任 「それは大変、いつ?? 解決したの?」
村松亮くん「解決していません」
担任 (返事なし、村松亮くんの提出内容に二重丸をつけた)


村松亮くん「もうつかれた。どうなるかわからない。」
担任 (返事なし)


この担任の力量では、
きちんとした対応が難しそうなやり取りです。
明らかに担任一人で対応するレベルを超えています。

担任自身が自分で対応できないなら、
学校の他へ助けを求めればよいのに、

なぜこの担任は一人で問題を抱えてしまったのでしょう。


村松亮くんの苦しい状況を
「無視している」と言われても仕方ありません。


無視していることが普通になっているのか?
無視せざるを得なかったのか?

学校側、教員側の環境問題も疑われることになりそうです。



岩手矢巾中学の学校側の対応


学校側からは、
村松亮くんへのいじめについて明確な説明はなく
いじめの加害者についても言及が無かったようです。

「担任から聞いていない。いじめは否定できないが、あれば私に報告があるはずだ」

と学校長も話しているようです。


また、担任は女性だと言われていますが、

現在「病欠」で休んでいるようです。
従って、正式なコメントはありません。

急きょ7日に保護者会が開かれましたが、、
中学2年生の子供である村松亮くんの自殺に対して
なんら謝罪がなかったようです。


これらの対応について、

「担任が見殺したも同然の行為」
「ゆるすことができない事件だ」

と怒りをあらわにしている教育評論家も多いとのこと。


いじめ事件では、
学校や保護者が事件の真相や加害者を
明らかにしないことが多いですが、

今回は生活記録ノートという明らかに分かる証拠が出てきています。

真相、真実が明らかにされることで、
今後このようなことが繰り返されないことを祈ります。



担任の写真・画像について


以上のように、明らかな いじめの証拠と、
それにきちんと対応できていない担任のやり取りの証拠がでてきて
2ch(2ちゃんねる)が炎上しました。

このような状況では、
担任の名前、写真、画像を見たくなるのは当然のことですね。

現在、担任は学校を休んでいるようですが、
名前や写真画像が公開されたら、
今までの生活ができなくなるかもしれません。。。

もちろん、加害者も同様になるかもしれません。



その他、2ch(2ちゃんねる)やツイッターでの反応


今回は2chやツイッターで叩かれる情報が多いため、
次のようなネットの声が沢山あがってきています。


しかしこの担任も酷いな
ロボットかよ
こいつ教師の適正あるのかな
名前晒してほしいわ

はやくツイッターでもいいから犯人特定して顔と名前と面さらせよ
ついでに住所と進学する高校とか特定はやくしろ

次は担任と、虐めてた生徒の番かな…
この情報化社会では逃げられないね


このように、
生活記録ノートに書かれたいじめについて
担任が無視していたことが明らかになっていますので、

2chが炎上し、担任への批判で
嵐が沸き起こるのは仕方ありません。


ネット社会ですし、
担任の名前や写真・画像、
そして、いじめ加害者の名前や写真・画像が
特定されて、公開されるのも時間の問題かもしれません。

2chかツイッターで公表されたら
恐らく、担任やいじめの加害者も自由に外を歩けなくなるかもしれません。



(追記:2015年7月14日)

ついに、2ch(2ちゃんねる)等のネットで
加害者の名前が特定されてしまいました。

追加記事をまとめましたのでご覧ください

>>【中2自殺】女子生徒も不登校!岩手いじめ もみ消しが明らかに<<



(追記2:2015年8月9日)

事件発生一か月後にいじめの全ての構図が見えてきました。

主犯は女子4人の男子を操っていたのです!

こちらにその加害者主犯の女子の名前と写真を記事にまとめました。


>> 岩手中2加害者【女子】が真の殺人者か (名前 画像を特定) <<